2017年6月11日、日本テレビ系列『行列のできる法律相談所』では「あの人との出会いで人生が変わった!」というエピソードについて1秒間に16回のステップを踏む驚異の技術を持つ世界的タップダンサー・HIDEBOHさんが出演です。

 

HIDEBOHさんが駆け出しだった頃に出会い、ライバルとしても切磋琢磨してきたイケメンタップダンサーだった芋洗坂係長さんとHIDEBOHさんについて当たり障り無く紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

小浦一優こと芋洗坂係長はイケメンだった?

小浦一優こと芋洗坂係長

出典:http://miraitab.com/

高校時代からダンスチームを結成していた芋洗坂係長は、高校卒業後は歌番組で田原俊彦さんや中森明菜さんらのバックダンサーを務めたり、劇団「PROJECT TENSION」を結成していました。

19歳の頃は体重は58kgだったですが

東京に上京してから六本木のショーパブで出会ったのがきっかけで高身長の田口浩正さん(現在・俳優)と1988年にお笑いコンビ・テンションで活動をしてましたが1993年頃から活動を休止してから売れないストレスで過食が原因だったそうです。

 

HIDEBOHの交友関係は?

2012年2月18日に放送された日本テレビ系列『嵐にしやがれ』において「60分まるまるダンスをしやがれSP」という企画でダンサー三銃士としてSAMさん、パパイヤ鈴木、HIDEBOHさんが出演してHIDEBOHさんは、昔はショーパブでパパイヤ鈴木さんとコンビを組んでタップダンスをしていたことがあるそうです。

 

芋洗坂係長(小浦一優)とHIDEBOHがテレビで初共演

タップダンスとラップを融合してエンターテイメントにしていた芋洗坂係長(小浦一優)さんに影響を受けて、当時は相談や一緒に練習にも付き合ってくれていた事、飲みに連れて行ってくれてぼったくりバーに引っかかったことがあった事を明かしていました。

 

【関連記事】

HIDEBOH(タップダンサー)オネエ疑惑はデマ!北野武「座頭市」以来のタッグとは?