2016年3月18日、日本テレビ系列『アナザースカイ』では12年前に初めてグラビア撮影をしたオーストラリア・ケアンズから「愛人にしたい女NO.1」、「平成の団地妻」と称され、グラビアアイドルとして絶大な人気を誇るグラビアアイドルの橋本マナミ出演です。

橋本マナミ2

出典:http://dogatch.jp/

思い出の地・ケアンズを再訪し、抜群のスタイルを維持して水着になって泳ぎを披露したり、海に出てパラセーリングにも挑戦したり、念願だという「マンガ肉」にかぶりつく姿や惜しげもなく美容の秘訣を公開する橋本マナミさんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

橋本マナミは1食約6円の特製丼で生活をしていた?

2015年6月30日に放送された日本テレビ系『幸せ!ボンビーガール 2時間SP』で橋本マナミさんは貧乏時代について語られています。

小学生の時にテレビで目にした女優の松雪泰子さんに憧れて芸能界を目指し、中学1年生(13歳)の時に『第7回全日本国民的美少女コンテスト』で演技部門賞を受賞してから芸能事務所に所属してから中学を卒業して17歳で上京しました。

家賃は事務所が払ってくれいたそうですがアルバイトは禁止で都内のワンルームに暮らしていました。まだ仕事もほとんど無かったため、お金がなく、普段は実家で着ていたジャージの上下で過ごしていました。

オーディション用の衣装は、ファッションリサイクル店で一揃い数百円という格安で間に合わせていたそうですが、オーディションに落ち続けた結果、事務所から家賃は払えないと告げられると同時にアルバイトを解禁されました。
パーティー会場のホールスタッフやテレフォンオペレーター、居酒屋でアルバイト、他にはダイレクトメールの切手貼りなどをしていたそうです。

貧乏時代の橋本マナミさんが自宅でよく食べていた1食約6円の特製丼とは、実家から届いた米を炊いたご飯に100円均一ショップで買ったカットわかめをお湯でもどしてしょう油をかけた「特製わかめ丼」で、番組で「食事が一番大変だった」と橋本マナミさんは語られていました。

番組で「食事が一番大変だった」と橋本マナミさんは語り、最近になって変わった事は、大好きなオリジン弁当を「いろんなお惣菜を一気に買って、一気に食べられる幸せを感じられるようになった」と明かしていました。

橋本マナミが抜群のスタイルを維持して水着になって泳ぎを披露の画像は?

番組終了後に更新していきます

 

『ラストキス』で橋本マナミと久保田秀敏が吉祥寺デート橋本マナミから二回目のキス?

橋本マナミ3

2015年12月1日に放送されたTBS『ラストキス〜最後にキスするデート』にイケメン俳優の久保田秀敏さんと吉祥寺デートで出演し、カフェ・ドゥ・リエーブル うさぎ館で二人は待ち合わせでした。

更新中です。

【関連記事】

橋本マナミがノーパンで有吉反省会に?彼氏や結婚の噂は?性格はキツイ?