2015年11月25日、日本テレビ系列『ナカイの窓』では「母校を愛する人SP」第三弾と題して、小6でスカウトされて甲子園春夏連覇を成し遂げたメンバーはスーパースターばかりのPL学園高校出身・橋本清さんが出演されました。

【番組終了後に更新していきます】

妻・里見和香の稼ぎでガングロチャラ夫でも活躍?していますが、清原和博さんと同部屋で部屋子として、寮内外問わず可愛がられていた高校生活や清原伝説を明かした橋本清さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?橋本清のプロフィール

橋本清

出典:橋本清問い合わせ ブランシュール和香株式会社

名前:橋本 清(はしもと きよし)
出身地:大阪府摂津市
生年月日:1969年5月22日
身長:188cm
体重:98kg
配偶者:里見和香(女優→企業家)
事務所:ブランシュール和香 株式会社

【選手情報】

投球・打席:右投右打
ポジション:投手
プロ入り:1987年 ドラフト1位
初出場:1992年9月30日
最終出場:1997年6月9日

【経歴】

PL学園高等学校
読売ジャイアンツ(1988 – 2000)
福岡ダイエーホークス(2001)

【著書】

「PL学園OBはなぜプロ野球で成功するのか?」

「7 (SEVEN) 西岡剛 OFFICIAL BOOK」

「水谷宏112万球のプロ野球人生」

「元・阪神―謎のトレード・突然のFA・不可解な解雇・12の理由」(竹書房/2004年5月) ※合同執筆

【CD】

「GEKISHIN」
※読売巨人軍・清原和博選手、桑田真澄投手への激励応援歌CD

大阪府富田林市にあるPL学園高校の右のエース(背番号・10)でした。左のエース野村弘樹さんとの二枚看板で1987年に甲子園で春・夏連覇はPL学園高校では初の快挙でした。
※同学年のチームメートには、立浪和義さん、片岡篤史さん、野村弘樹さん、桑田泉さんらがいました

PL学園高校入学当初の寮では、通常1年生と3年生が同部屋になるのが決まりだったそうで、入学前から憧れていた清原和博さんと同部屋で部屋子として、寮内外問わず可愛がっていただいたそうです。

1987年、秋のドラフト会議で読売ジャイアンツが1位指名で交渉権を獲得したのですが、本田技研への入社が内定していたため、指名された後に「今でも本田に行きたい気持ちは変わらない」とコメントしたそうです。

数回の入団交渉を経て契約金5500万円、年俸480万円(金額は推定)で入団して合意しました。巨人は、最低でも10勝は計算できた江川卓投手が突然「投げられなくなる場所に針を打った」とかで、引退を表明したことから、どうしても即戦力投手が欲しかったそうです。
※江川卓さんと同じ背番号・30でした(1988年 – 1998年)

プロ入り後しばらくは芽が出ず、入団6年目の1993年には一軍に定着し、150km/h超のストレートとフォークボールを武器にセットアッパー役を務めました。抑え役の石毛博史さんにつなぐ継投策は、当時の監督である長嶋茂雄さんによって勝利の方程式と名付けられていました。

その後、2度の右ひじ手術を経て2001年にはテスト入団で福岡ダイエーホークスへ移籍しましたが、その年の12月に現役引退しました。富山県内で始めてのボーイズリーグ加盟チームとして2001年12月に結成された高岡ボーイズで2年間コーチをしていた事があり、教え子に西野勇士さんがいました。

引退後は、熱心に自腹で球場へと足を運び、選手の動向をチェックしている様子を認めた清原和博さん達からの推薦もあり、スポーツライターとしての仕事を徐々に増え、フジテレビONEの『プロ野球ニュース』やJ SPORTSで野球解説を務めるなど精力的に活動しています。

野球の解説は真面目だが、最近は「チャラいガングロ」キャラでタレント活動も行いながらマスターズリーグ・札幌アンビシャスにも所属しています。

 

妻・里見和香の稼ぎでガングロチャラ夫になった?

橋本清さんは、松崎しげるさんを神と崇め、週に3日は日焼けサロンに通っているそうです。最終目標は、イタリア人になることだと2013年8月25日の日本テレビ系列『有吉反省会』で明かしていました。

2013年10月29日、TBS『私の何がイケないの?』の番組内で、週に1回はネイルサロンとエステサロンに通い、美容に関して使う金額は月に約23万円。ファッション代も含めると美の為に、月に73万円も使い美を追求していることを明かしました。

 

番組終了後に更新していきたいと思います。

 

【関連記事】

清原和博が黒い噂の刺青、覚せい剤疑惑について明かす?【ダウンタウンなう】