宝塚で残したさまざまな女帝伝説

宝塚歌劇団史上トップ娘役在任最長期間

1994年に一路真輝の相手役として雪組トップ娘役に就任してから2006年に、宝塚歌劇団を退団するまで12年3か月トップ娘役在任し、5人のトップスターの相手役を務めています。

  • 一路真輝(雪組)
  • 高嶺ふぶき(雪組)
  • 轟悠(雪組)
  • 姿月あさと(宙組)
  • 和央ようか(宙組)

 

花總まりの実家は不動産業を経営している

花總まりさんの実家は不動産業を経営しているようで、

宝塚歌劇団の舞台衣装を全て自費で製作したという都市伝説があるようで制作費は2000万円という噂があります。

他にも新東京宝塚劇場の緞帳(どんちょう)を寄贈という情報もあります。

 

花總まりの結婚相手と噂されている人物は?

ネット上では、結婚相手として名前が挙がっているのは「石丸幹二」や「春風亭昇太」、「医者」という様々なキーワードが散見されますが、信憑性は非常に低いようです。

スポンサードリンク

宝塚女優(タカラジェンヌ)の年収

研修生6年目までは給与はなく、7年目にようやく初任給約12万円だそうです。舞台デビュー後は、各々が契約をするため、給与という概念はなくなるそうです。

現在の宝塚歌劇団のトップスターの場合は、1回の公演で100万円ほどの報酬を得ているそうです。

スミレコードといって宝塚歌劇団の夢を壊さぬように契約金額は非公表さそうです。つまり推測した年収で紹介することになります。

 

宝塚女優(タカラジェンヌ)平均年収推移:180万円~200万円
給料(月収):約18万円
トップスター:900万円~1,200万円以上
男役:900万円~
トップスター以外の平均年収:300万円~500万円
http://heikinnenshu.jp/から引用

 

娘役になるとアクセサリーや靴、かつらは自前になるため、給与だけで生計を立てることは困難な気がします。そうなるとどうやって生活をしているかというと

  • お金持ちのご令嬢
  • ファンとのお茶会やディナーショー
  • ファンからの差し入れ

というように支えがあって宝塚歌劇団は成り立っているようです。