2017年4月7日、TBS系列『爆報! THE フライデー』では「あの美女は今…離婚、不倫、死別…壮絶人生を大追跡」をテーマに宝塚100年に1人の逸材と言われている2017年ブレイク間違いなしの元宝塚女優・花總まりさんがバラエティ番組に初登場です。

大河ドラマ「おんな城主直虎」では佐名姫を演じている花總まりさんの宝塚でさまざまな伝説を残した元娘役トップスターの女帝伝説や現在、、結婚相手や性格や年収について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?花總まりのプロフィールと経歴・学歴

出典:

本名:醍醐 まり子(だいご まりこ)
愛称:ハナ、まり
生年月日:1973年2月28日
出身地:東京都
血液型:O型
身長:163cm
体重:―kg
スリーサイズ:B― W― H―
カップ:
出身高校:日本女子大学付属高等学校
最終学歴:宝塚音楽学校
特技:ヴァイオリン
趣味:ダイビング、読書、ピラティス、ウォーキング
著名な家族:青江奈美(母親)
事務所:ブルーミングエージェンシー

入団:宝塚歌劇団77期生
宝塚歌劇団同期生:安蘭けい(元星組トップスター)、春野寿美礼(元花組トップスター)、朝海ひかる(元雪組トップスター)

受賞歴

1999年 第54回文化庁芸術祭賞 演劇部門優秀賞 「激情-ホセとカルメン-/ザ・レビュー’99」 – カルメン役
2002年 日本演劇協会賞 「鳳凰伝~カラフとトゥーランドット」 – トゥーランドット役
2003年 第29回 菊田一夫演劇賞 「BOXMAN」 – ドリー役
2014年 月刊ミュージカル ベストミュージカル女優賞 第1位
2015年 第23回読売演劇大賞 優秀女優賞 月刊ミュージカル ベストミュージカル女優賞 2年連続第1位
2016年 第41回 菊田一夫演劇賞 大賞
2016年 第13回 万年筆ベストコーディネイト賞

PV

「Love. for you 永遠に~」

 

母親は宝塚少女歌劇(宝塚歌劇団)と人気を競った松竹歌劇団の元劇団員の青江奈美さんの1男3女の4人兄妹の末っ子で生まれ、5歳よりヴァイオリン、小学校からバレエを習っていたそうです。

宝塚歌劇団は母親や友人の影響で気がついたら知っていたようで中学3年生の時に宝塚を初観劇の時は、音大に進学するつもりでした。しかし、舞台にだんだん興味を抱くようになり、高校1年生の時に宝塚音楽学校を受験し合格しました。

1991年、第77期生として宝塚歌劇団に入団。

1991年3月~5月、宝塚大劇場にて新人公演『ベルサイユのばら-オスカル編-』の小公女 役が初舞台となりました。

1992年、宝塚歌劇団星組に配属。

1993年6月~8月、『うたかたの恋/パパラギ〜極彩色のアリア〜』ではマリー・ヴェッツラ 役を演じたのが初ヒロインでした。その後、雪組へ組替え、雪組トップスター・一路真輝さんの相手役として雪組トップ娘役に就任。

1996年2月~3月、6月に一路真輝さんの退団公演『エリザベート』でエリザベート役を演じたことで花總まりさん自身の代表作になりました。
※一路真輝さんの退団後は、高嶺ふぶきの相手役になりました

1998年、宙組に創設メンバーとして組替えをして姿月あさとさんの相手役として初代宙組トップ娘役に就任し、『エリザベート』の再演で2度目のエリザベート役を演じていました。

2006年3月~7月、退団公演『NEVER SAY GOODBYE―ある愛の軌跡―』でキャサリン・マクレガー役/ペギー・マグレガー役を最後に宝塚歌劇団を退団。

2010年3月~4月、『ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に』のエディット・ピアフ 役で舞台復帰。

2014年4月~5月に帝国劇場、7月~9月に梅田芸術劇場、博多座、中日劇場で『レディ・ベス』のレディ・ベス 役が初主演。

2015年、東宝版『エリザベート』に主演。

2017年1月8日からNHK大河ドラマ第56作『おんな城主 直虎』で佐名役としてテレビドラマ初出演しました。

(2017年4月時点)

 

宝塚で残したさまざまな女帝伝説や年収は?Pages2へ