<第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝) 予選会通過校>

2015年10月17日、49大学の中から各校上位10名の合計タイムにより10校が選ばれました。

最終総合タイム:時:分:秒

予選会1位 日本大学(4年連続 86回目)

最終総合タイム:10:06:00

予選会1位 日本大学(4年連続 86回目)

出典:http://www.ntv.co.jp/

予選会2位 帝京大学(9年連続 17回目)

最終総合タイム:10:07:20

予選会2位 帝京大学(9年連続 17回目)

出典:http://www.ntv.co.jp/

帝京大学・髙橋裕太 『飛躍への風』

 

2015年、第91回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の結果で、3年ぶりにシード権を逃してしまいました。キャプテンとなった髙橋裕太さんは、ユニバーシアード日本代表に選ばれ、ハーフマラソンで青山大学の小椋裕介さんと一色恭志さんと共に団体金メダルを獲得。

2015年10月第92回箱根駅伝予選会ではチーム1位。11月には10000mの自己ベスト更新。自らをも厳しく追い込み、記録を伸ばし続ける帝京大学キャプテンの髙橋裕太さんに注目です。

予選会3位 日本体育大学(68年連続 68回目)

最終総合タイム:10:07:37

予選会3位 日本体育大学(68年連続 68回目)

出典:http://www.ntv.co.jp/

予選会4位 順天堂大学(5年連続 57回目)

最終総合タイム:10:07:58

予選会4位 順天堂大学(5年連続 57回目)

出典:http://www.ntv.co.jp/

順天堂大学・松枝博輝 『夢を叶える風』

 

小学校の文集に書いた「箱根駅伝に出ることが目標」の夢を松枝博輝さんは1年生で叶えました。総合優勝11回の順天堂大学ですが、2年連続でシード落ちしています。

目標は「シード権獲得ではなく、優勝」を掲げている松枝博輝さん。2015年5月、関東インカレ5000mで日本人トップで快走し、合宿では誰よりも走り、チームを牽引しました。

2015年11月28日、八王子ロングディスタンス10000m自己ベストを更新。「キャプテンとしてどれだけみんなに夢を見せられるか」と有言実行を成せるか注目です。

 

予選会5位 神奈川大学(6年連続 47回目)

最終総合タイム:10:08:01

予選会5位 神奈川大学(6年連続 47回目)

出典:http://www.ntv.co.jp/

予選会6位 拓殖大学(3年連続 37回目)

最終総合タイム:10:08:36

予選会6位 拓殖大学(3年連続 37回目)

出典:http://www.ntv.co.jp/

予選会7位 法政大学(2年ぶり 76回目)

最終総合タイム:10:11:03

予選会7位 法政大学(2年ぶり 76回目)

出典:http://www.ntv.co.jp/

予選会8位 中央大学(87回連続 90回目)

最終総合タイム:10:11:32

予選会8位 中央大学(87回連続 90回目)

出典:http://www.ntv.co.jp/

中央大学・町澤大雅 『魂を込める風』

 

大事なレースでは必ず「一走入魂」のハチマキを巻く町澤大雅さん。前回大会1区を持ちタイム最下位ながら中央大学歴代1位のタイムを更新する走りを魅せました。町澤大雅さんにとって結果のタイムよりも離された悔しさが上回っていたそうです。

2015年10月第92回箱根駅伝予選会では、個人15位で箱根駅伝87回連続出場に貢献しました。「新しく強豪校と呼ばれるもっていきたい」と第92回箱根駅伝に臨んでいます。

 

予選会9位 東京国際大学(初出場)

最終総合タイム:10:11:41

予選会9位 東京国際大学(初出場)

出典:http://www.ntv.co.jp/

東京国際大学・関竜大 『歴史を刻む風』

 

前回、本大会出場はならなかった関竜大さんですが、関東学生連合に選ばれた同級生の小針旭人さんの給水係としてコースを走りました。その時の写真の裏には『今年はチームでは出れなかったけど 来年こそは絶対にチームで出ようぜ!俺らなら絶対できる。歴史を変えてやろうぜ! 旭人より』とお互いに誓ったそうです。

そして、創部5年目で箱根駅伝初出場(史上43校目)を果たしました。目標は初出場で初シードだそうです。東京国際大学のキャプテンの関竜大さんとチームに注目です。

 

予選会10位 上武大学(8年連続 8回目)

最終総合タイム:10:12:04

予選会10位 上武大学(8年連続 8回目)

出典:http://www.ntv.co.jp/

<個人成績>
※(分:秒)はタイムです

01位 ダニエル・ムイバ・キトニー 日本大学 (58:20)
02位 ワークナー・デレセ 拓殖大学 (59:10)
03位 シテキ・スタンレイ 東京国際大学 (59:14)
04位 徳永 照 中央大学 (59:17)
05位 金森 寛人 拓殖大学 (59:21)
06位 山口 修平 創価大学 (59:26)
07位 戸田 雅稀 東京農業大学 (59:34)
08位 塩尻 和也 順天堂大学 (59:38)
09位 鈴木 健吾 神奈川大学 (59:44)
第10位 小松 巧弥 日本体育大学 (59:44)

※東京農業大学は第12位、創価大学は第14位で予選落ちしています

 

第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝) オープン参加>

関東学生連合

関東学生連合

出典:http://www.ntv.co.jp/

学生連合 東京大学・近藤秀一 『文武両道の風』

 

関東学生連合に選出された東京大学1年生の近藤秀一さん。高校時代から駅伝名門校からスカウトされていたそうですが憧れだった東京大学に入るために浪人し、文武両道で記録も自己ベストを更新して、東京大学も見事合格。

どんなに疲れていても毎日2時間の勉強を欠かさず、東大生ランナーとしては実に11年ぶりの箱根駅伝になります。

スポンサードリンク

第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝) コース・区間記録>

復路 全5区 107.5km(東京大手町の読売新聞社前をスタート。箱根芦ノ湖までの往路)

往路 第1区:大手町~鶴見 21.3km 流れを決める1区

東京・大手町の読売新聞東京本社ビル前から神奈川県の鶴見中継所までを走る区間で、第90回までは21.4kmとされていたが2014年の再計測で距離表示が21.3kmになりました。

東京・大手町 読売新聞東京本社ビル前(往路スタート)東京都道409号日比谷芝浦線国道15号田町品川駅前新八ツ山橋六郷橋鶴見中継所

区間記録:佐藤悠基(東海大) 83回(2007年) 1時間01分06秒

往路 第2区:鶴見~戸塚 23.1km 花の2区

鶴見中継所横浜駅前国道1号権太坂戸塚中継所

第90回までは23.2kmとされていたが2014年の再計測で鶴見中継所から戸塚中継所までの23.1kmの距離表示に変わっています。各校がエース級の選手を揃えて争い「花の2区」と呼ばれ続けている区間として有名です。

区間記録:M.J.モグス(山学大) 85回(2009年) 1時間06分04秒

往路 第3区:戸塚~平塚 21.4km 街から海へ3区

戸塚中継所遊行寺坂湘南新道 国道134号 茅ヶ崎湘南大橋平塚中継所

第90回までは21.5kmとされていたが2014年の再計測で距離表示で戸塚中継所から平塚中継所までの距離は21.4kmに変わっています。海風の影響を受けやすい区間で、2区の流れを持続やつまずきを取り返すために、力のある選手を置くチームも多くなってきたからなのかこの区間でもごぼう抜きが見られる可能性があります。

区間記録:O.コスマス(山学大) 88回(2012年) 1時間01分38秒

往路 第4区:平塚~小田原 18.5km 最短区間4区

平塚中継所国道1号大磯二宮酒匂橋小田原市民会館前小田原中継所

平塚中継所から小田原中継所までの18.5kmで区間距離が大会唯一20kmを切る最も短い区間です。「中距離で活躍する選手にも箱根に出場する機会を与えたい」という関東学連の意向で決まったようです。この区間はチームで10番手の選手や1年生を起用する傾向が強まっているそうです。

区間記録:田村和希(青学大) 91回(2015年) 54分28秒

往路 第5区:小田原~箱根・芦ノ湖 23.2km 山上りの5区

新・小田原旧・小田原箱根登山鉄道箱根湯本駅前 函嶺洞門バイパス大平台ヘアピンカーブ宮ノ下富士屋ホテル前小涌園ユネッサン前恵明学園前芦の湯国道1号最高点元箱根箱根・芦ノ湖 (往路ゴール)

第82回(2006年)からは距離が延長され、全区間で最長の23.4kmに変わりました。2014年2月7日をもって従来の通過点となっていた函嶺洞門が通行禁止になったことで第91回大会(2015年)から函嶺洞門バイパスへとコースが変更したことにより距離が20メートル延長されました。
※距離変更に伴い第90回大会以前の記録は参考記録になりました

区間記録:神野大地(青学大) 91回(2015年) 1時間16分15秒

 

復路 全5区 109.6km

復路第6区:箱根・芦ノ湖~小田原 20.8km 山下りの6区

区間記録:三浦雅裕(早稲田大) 91回(2015年) 58分31秒

復路第7区:小田原~平塚 21.3km 海風薫る7区

区間記録:設楽悠太(東洋大)88回(2012年) 1時間02分32秒

復路第8区:平塚~戸塚 21.4km 海から街へ8区

区間記録:古田哲弘(山学大) 73回(1997年) 1時間04分05秒

復路第9区:戸塚~鶴見 23.1km 復路最長の9区

区間記録:篠藤 淳(中学大) 84回(2008年) 1時間08分01秒

復路第10区:鶴見~大手町 23.0km 最終10区

区間記録:松瀬元太(順大) 83回(2007年) 1時間08分59秒