2016年11月29日、TBS『マツコの知らない世界』では「スキ間掃除の世界」をテーマに1000種類の掃除グッズを試し、コスパ抜群のグッズから人気のコードレス掃除機など便利でストレスフリーな最新スキ間掃除グッズを紹介するために主婦・藤原千秋さんが出演です。

%e8%97%a4%e5%8e%9f%e5%8d%83%e7%a7%8b

出典:http://allabout.co.jp/

大手住宅メーカー営業職を経てから住まい周りの記事を専門に2001年から住宅ライター・アドバイザー&コラムニストして活躍しながら13歳、9歳、5歳の三女の母親で商品開発等にも携わる藤原千秋さんと主婦目線で厳選した優れたスキ間掃除グッズについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?藤原千秋のプロフィール

出典:

名前:藤原 千秋(ふじわら ちあき)
生年月日:1974年??月??日
出身地:栃木県(埼玉県 育ち)
血液型:O型
身長:―cm
体重:―kg
出身高校:
最終学歴:― 法学部
職業:住宅ライター、アドバイザー&コラムニスト

オフィシャル専門家ブログ:藤原千秋の生活観覧録。(http://ameblo.jp/funiwara3/)
ブログ:藤原千秋のフニワライフ。(http://funiwara.blog80.fc2.com/)

岐阜県・秩父山脈の麓で育った藤原千秋さん小学生の頃からドブ掃除やトイレ掃除などをやらされるいじめられっ子的ポジションだったそうですが、喜々として掃除をしていたそうです。小学5年生になってからは図書館に入り浸り、司書から勧められた「雪から花へ-風俗から作品へ」に心を掴まれてことで現在の藤原千秋さんが構築されたそうです。

天沢退二郎さんが書いた「雪から花へ-風俗から作品へ」には家事の様子がユーモラスに綴られており、家事は母親がすればいいと思っていた気持ちが暮らしというものに前向きに興味を持ったそうです。

法学部に入学して大学生になっても藤原千秋さんは、暮らしに興味を持ち続け、最低限の住まい(暮らし)はなにかと興味の対象がスラム街に向いて「人間的な暮らしをするためには何が必要なのか」というライフテーマを持つきっかけになったそうです。

藤原千秋さんの興味は次第に住宅に興味を持つようになり、住宅展示場でアルバイトを始めたことで掃除について徹底的に学ばされて就職先を住宅メーカーに絞り、当時は営業職は男性のイメージが強く、女性を募集している企業がすくなかったそうですが性別分かりにくい名前の「千秋」を利用して性別に記載せず会社説明会に行き何回かの面接を経て見事に採用されました。

入社後は順調に業績を上げて会社も期待されていた藤原千秋さんですが、突然の病に倒れてしまい、手術は成功しましたが術後の治療の副作用が激しく退職することに・・・
※社会人になって初めて持った三角スケールは現在では普通の定規として使っているそうですが手放せない思い出だそうです

退職後に藤原千秋さんは結婚し、病気の治癒で約3年間家で過ごしていた時にインターネットに目覚め、2001年3月から生活総合情報サイトAll About(オールアバウト)の「家事・掃除」ガイドとして記事を書き始めて2003年に第1子(長女)妊娠
して、今では3人姉妹の母親です。

一時は、生活総合情報サイトAll About(オールアバウト)の「家事・掃除」ガイドの更新も停滞したそうですが「記事の面白さ」、「知見の広さ」、「ユニークな視点」が人気を集め、『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』を出版したり、家事サービスや商品開発等にも携わりながら「家の事」・「子どもの事」・「仕事」の三つ巴を愉しんでいるそうです。