2015年11月17日、日本テレビ系列『徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』ではトリオTHEソフトボール部の女をテーマに「虻ちゃんVS日本代表!悲しいほどモテないソフトボール部女子」と題してソフトボール女子日本代表の藤田倭選手、佐藤みなみ選手がサプライズゲストで出演されました。藤田倭選手、佐藤みなみ選手は同じ所属チームでバッテリーでもあるようです。

 出典:番組終了後に更新いたします!!

「外出嫌い」や「超潔癖症」を告白した引きこもり俳優・本郷奏多さんが人生初となるバラエティ番組のロケに飛び出し、汗と砂にまみれる女子ソフトボール部に潜入したり、藤田倭選手のの豪速球に挑戦しました。今回は藤田倭選手、佐藤みなみ選手について当たり障り紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?藤田倭のプロフィール

藤田倭選手

出典:http://www.joc.or.jp/

名前:藤田 倭(ふじた やまと)
生年月日:1990年12月18日
出身地:長崎県佐世保市
身長:165cm
好きな食べ物:お酒に合う物
趣味:写真、散歩
ポジション:投手
投打:右投右打
所属:佐賀女子短期大学付属佐賀女子高校 → 太陽誘電(2009 – )

小学1年生から地元のソフトボールクラブに入り、4年生からは硬式野球と白球漬けの毎日を送っていました。3歳年上の兄とキャッチボールで肩を鍛え、6年生の時にはソフトボール投げで男子顔負けの54メートルを記録したそうです。

「投手がほかにいなくて、ほとんど1人で投げていた」という佐世保市立崎辺中学時代は地肩の強さを生かした直球を武器に3年連続で九州中学総体出場の原動力を担っていました。

中学時代から地元の佐世保市で有名な投手だった藤田倭さんは「熱心に誘ってもらったし、高いレベルでやりたかった」と佐賀女子短期大学付属佐賀女子高等学校へ進学。高校1年年の全国総体で優勝しました。

高校2、3年の時には国体県選抜のエースとして2連覇に貢献した。右腕をしならせて投げ込む速球は100キロを超え、「ストレートだけでも打たれない」と力でねじ伏せてきました。

高校卒業後、2009年に日本女子ソフトボールリーグ1部の太陽誘電に入団してすぐ、どんなに指にかかったボールも痛打されて今までの自信が崩されてしまいました。初めてU-19日本代表に選ばれたときも投手登録ながら、出番は4番DP(指名選手)で太陽誘電でも1年目はほとんど登板機会に恵まれず0勝0敗でした。

2年目に転機がおとずれました。大差がついた試合での敗戦処理に始まり、中継ぎ、抑えで結果を残し続け、第9節でようやく初先発が巡ってきましたが、トヨタ自動車に0-1で敗れこそしたが、この年防御率0.36、14勝無敗のMVPのモニカ・アボット選手と互角に投げ合い、完投という結果を残しました。

2010年の後半から急成長を遂げ、常時100キロ台後半を投げるスピードとスタミナがあります。北京五輪金メダル(2008年)の立役者、上野由岐子選手に次ぐ「次代のエース」として期待は高く注目されています。

2014年シーズンから投手と打者の『二刀流』に挑戦しています。読みや心理以外でも、身体の使い方など良く似ているので、身体のバランスがとても良くなり、バッティングが投球のスキルアップに役立っているそうです。

【高校の球歴】

2006年 インターハイ 優勝
2007年 国民体育大会 優勝

【代表歴】

2012年 日本代表
2012年 Australia v Japan Test Series
2012年 カナディアンオープン
2012年 世界選手権
2013年 日本代表候補
2014年 日本代表第1次候補、第2次候補、日本代表
2014年 第9回 ワールドカップ
2014年 カナディアンオープン
2014年 大垣国際カップ
2014年 世界選手権
2014年 第17回 アジア競技大会
2015年 日本代表、日本U24-A代表
2015年 第10回 ワールドカップ(日本U24-A代表)
2015年 カナディアンオープン(日本U24-A代表)
2015年 ジャパンカップ(日本代表)

 (2015年10月時点)

 

 

Wikiより詳しい?佐藤みなみのプロフィール

佐藤みなみ

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

名前:佐藤 みなみ(さとうみなみ)
生年月日:1989年12月12日
出身地:埼玉県
血液型:AB型
身長:159cm
所属:星野高校(埼玉) → 太陽誘電(2008~)
ポジション:捕手
投打:右投右打

【高校の球歴】

2006年 国体優勝
2007年 インターハイ準優勝

【代表歴】

2007年 日本U19代表
2007年 第8回 世界女子ジュニア選手権(U19)
2013年 日本代表
2013年 第2回 東アジアカップ
2013年 第14回 世界選手権アジア地区予選
2014年 日本代表第1次候補、第2次候補、日本代表
2014年 第9回 ワールドカップ
2014年 カナディアンオープン
2014年 大垣国際カップ
2014年 世界選手権
2014年 第17回 アジア競技大会
2015年 日本代表
2015年 ジャパンカップ

 

番組終了後内容について更新します。