2015年11月29日、日本テレビ系列『行列のできる法律相談所』で「世界の渡部プレゼンツ!第10弾!世界に誇れる『その道の神』SPです!」と題してビジュアルアーティストの花房伸行さんが創ったパフォーマー・enra(エンラ)が出演されました。

 

2020年東京オリンピックの招致活動でIOC委員を日本に招いた安倍首相主催の晩餐会に切り札として登場し世界のVIPを沸かせたパフォーマーであり、2015年5月にはカンヌ映画祭オープニングアクトにも抜擢されたenra(エンラ)と花房伸行さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

ビジュアルアーティストの花房伸行が創ったENRA(エンラ)とは?

enra(エンラ)は映像と身体表現を融合させた新しいスタイルのパフォーマンスユニットで、ビデオアーティストであり、演出家の花房伸行さんの呼びかけにより集まった、個性的でハイレベルなパフォーマー6人によって構成されています。

加世田剛さん、横山真希さん、和多谷沙耶さん、汰椿さん、望月ゆうさくさ、石出一敬さんが魅せる身体表現はマーシャルアーツ(武術)、 新体操、 バレエ、アニメーションダンス、 ジャグリング、 ハウス、など複数のジャンルをカバーし、他に類を見ない多彩なユニットだそうです。

enraのパフォーマンスは、オリジナルの音楽制作から始まり、振り付け、映像制作、そして映像と完全にシンクロさせるために多くの練習を必要とする表現方法であるため、一つの作品を作り上げるのに2~3ヶ月ほど時間がかかるのです。

そのため、なかなか作品数を増やすことができず、企業イベントやレセプションといった、単発のクローズドイベント等の依頼に応えることが精一杯だそうです。国内は勿論、海外からも沢山の問い合わせがあり、これまでアメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東等でパフォーマンスを行ってまいりました。

国内は勿論、海外からも沢山のお問い合わせを頂戴しております。これまでアメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東等でパフォーマンスを行ています。

 

enra(エンラ) 東京五輪招致を決定づけたパフォーマンス