2017年6月23日、午前7時54分に歌舞伎俳優の市川海老蔵さんがブログにタイトルを「2017/06/23」として人生で一番泣いた日と明かし、21日に乳がんで闘病中の妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんの容態が急変して亡くなられたようです。

 

詳細については14時半から公演先東京・渋谷のシアターコクーンで記者会見で語られます。進行性がんの公表から6月9日で1年が経ち在宅医療に切り替えていましたが2年8か月に及ぶ闘病生活に終止符つことに・・・冥福を祈りながら当たり障り無く紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

小林麻央死去後の緊急記者会見の内容や最後のメッセージとは?

記者「麻央さんとの最後の時はどなたが看取られて、どんな言葉をかわされたんでしょうか?」

市川海老蔵さんのコメントはこのように記載しています

私は昨日も舞台でございまして
それまで麻耶さんと麻央のお母さんと
ずっと看病をしていました。

私は昨日舞台が終わった後に
ここで別の撮影がございまして
その後にロビーでまた別の稽古が
ございました。

そしてその時にお母様からLINEが
来ていたんですけれども、ちょっと
僕は見ることができませんでした。

約1時間半ほど遅れて見た内容が
「具合が悪い、ちょっとお医者様も
来ていて家族を呼んだほうがいい」

というような内容でして・・・。

私もちょっと慌てて急いで
家に帰ったわけです。

そうして帰りまして、妻の麻央は
この世にいてくれて。

たまたま、本当にたまたまなんですけど
私がちょうど妻の傍に座って呼吸が
苦しそうだったんで「大丈夫かな……」と思って。

昨日は、一昨日までは喋れたんですけど
昨日はずっと喋れずにいたので。

あの、まあこれは本当に不思議な
話なんですけれども息を引き取る瞬間
私は見ていました。

その時、僕は本当に不思議なんですけれど。
「愛してる」と言って

彼女が。その一言を言って……。

泣いちゃいますよね。

その一言「愛してる」と言って
本当にそれでそのまま旅立ちました。

 

記者「愛してるという言葉は麻央さんはちゃんと受け止めたように見えましたか?」

いや、僕が言ったわけではなくて

彼女が。

旅立つ間際に「愛してる」
「る」が聞こえたか聞こえないかは
ちょっとわかんなかったですけど。

「愛してる」と言って旅立ったの
がちょっと・・・。

まあなんと言うんでしょうか、こんなに
愛されていたのはよくわかって
いたんですけど、最後の最後まで
愛してくれていたことに・・・。

なんとも言えませんね。すいません
なんか。どうしようね、昨日の今日で
何も準備ができていなくて・・・
このようなところでお見苦しい
ところをすいません

 

記者「最期、自宅で送ってあげることができたのは良かったと思いますか?」

それはとても良かったと思います。

お母さまもお父さまも
私もお兄さまも、麻耶さんも。

子供たちもずっと側にいられたので
すごく良かったなと。

病院で、私は父を病院で亡くしているので。

病院のときとは違う、家族の中で
家族とともに一緒にいられた
時間というのは、本当にかけがえのない
時間を過ごせたと思います。

 

記者「ご家族みなさんで、見送ることができた、と?」

そうですね

子どもたちも、見ていました。

 

記者「麻央さんは闘病の中で・・・かなりつらい中で いつも笑顔を忘れずに闘ってこられましたけれども。そんな麻央さんの生き方を海老蔵さんはどんな言葉で送ってあげたいですか?」

おっしゃるとおり本当に笑顔
勇気、愛情、そして決してぶれない自分。

そしてどんな状況でも相手のことを
思いやる気持ち。

まあ、愛ですよね。

そういった力が・・・最後までぶれず
一昨日まで笑顔で。

笑顔で・・・話していて。

昨日・・・、昨日はやっぱり、ちょっと
調子が悪かったので。

我々家族も急に・・・そうなって
しまったので戸惑った部分が
すごく大きかったです。

 

記者「麻央さんが亡くなられる前に海老蔵さんからは、どんな言葉をかけられましたか?」

ああ・・・。もう、この世にある
ありとあらゆる言葉を
耳元で話していました。

 

記者「海老蔵さんにとって麻央さんはどのような存在ですか?」

私の・・・どんな部分も、どこまでも
愛してくれていたんだと。

存在っていうのは・・・。存在ね・・・
できればずっと一緒にいて
私のほうが先に逝って。

彼女には、もっと幸せに。
もっと楽しく、家族やお友達・・・。

麻耶さんやお父さまお母さま。

そして、僕・・・私が、役者として
成長してきた過程をずっと
見守ってもらいたかった存在です。

 

記者「麗禾ちゃんと勸玄くんの様子は?」

麗禾は・・・ 昨日は、ずっと麻央の
側を離れませんでした。

そして、彼女の横で、ずっと寝る
と言って寝ていました。

(麻央が亡くなったことを)
認識はしていると思いますね。

勸玄は・・・まだ、わかっているんですけれど
・・・わかっていないところもあって。

今日の朝も麻央の横になっている
ところに2人がいて。

麻央の顔を触ったり、足をさすったり
手を握ったり。

そういうところを見ると私が今後
背負っていくもの、やらなくては
ならないこと。

子どもたちに対して、とても大きな
ものがあるなと痛感しました。

勸玄はまだ、わかっていますけど・・・
わかっていないと思います。

 

記者「奥様から学んだ大切なこと、どういったことを、これからも伝えていきたいと思いますか?」

彼女が、元気になったら自分が
歩んで来た過程の病、乳がんや
それに伴う病に対して自分が
治ったらば

「こうしたい、ああしたい。多くの人の救いになれるような存在になれるようになりたい」

ということで一生懸命闘病していました。

それでブログというものも始めたんです。

マスコミさんのおかげで、ある意味
公になって本当にありがたかったと思います。

それでブログというものを始めて
何かこう、同じ病の人たちや
苦しんでいる方々と悲しみや喜びを
分かち合う妻の姿は私からすると
なんか人ではないというか
なんと言うんですかね
すごい人だなぁというか。

言い方はおかしいですけど。
とにかく、総合的に教わったこと
そして、また今後も教わり続ける
ことは愛なんだと思いますよ。

 

記者「3年間 闘病生活だったんですけれども今、海老蔵さんの中に浮かんでくる麻央さんの姿というのは どういう表情を一番思い浮かべられますでしょうか?」

全部ですね。

初めて会った時の彼女から
今の今日の朝まで全部。
全部ですね。

 

記者「麻央さんがよく言っていた言葉で今、思い出されることってありますか?」

よく言っていた言葉、うーん・・・。
でもやはり言葉というか
お姉さんの麻耶さんがちょっと
調子悪くなった時も

例えば私が舞台で非常に
疲れた時も彼女自身はやはり
もっと重い病にかかっている。

そして、お義母様が看病で
疲れている時も、麻央の方が
もちろん大変なのに

やはり自分よりも相手のことを
心配するやさしさ。

こういう言葉ということではなくて
どこまでも自分よりも相手のことを
想う気持ち。

これはね、一番多かったですね。

 

記者「麻央さんと出会って、結婚されて、家庭を築いて、今、改めて、麻央さんはどんな奥さんでしたか?」

えー、そうですね・・・わかりませんね。
どんな奥さん?

僕を変えた奥さんなんじゃないですか。

 

記者「麻央さんがプロポーズの時に「来世も一緒にいよう」という言葉が一番響いたとおっしゃっておりましたけれども」

そのつもりです。その話もしました。

ですがまあ、僕が愛想つかされないように
がんばらないといけないのかなと。

 

記者「その話をされた時、(元気な時の)麻央さんはなんとおっしゃってましたか?」

よろんでましたよね。

 

記者「改めて今、麻央さんに言いたいこと最後にお聞かせください」

まだ昨日の今日なので
こういうところも聞いてると
思うので全部聞いてる
と思うのでね。

言うことは言わなくても
伝わると思うので。

まあ、「いつも思ってるよ」って
いうことですね。

 

記者「麻央さんのブログに励まされた方に、最後に一言」

麻央のブログや麻央の存在で
励まされた方々がいらっしゃる
ということで今回のこういう
ようなかたちも ある意味
取らせていただいたと思うんです。

実際そういうことがなければ
このようなことをご報告する
こと自体がかたちとしては
どうかと思います。

ですが、そういう多くの麻央のことを
応援してくださった方、そしてまた
麻央のことを、ともに闘ってる方々。

本当に昨日、先に旅立ちましたけれども
ずっと麻央はきっとみなさまも
そばにもいると思うので。

本当にいろいろありがとうございました。

 

Wikiより詳しい?小林麻央のプロフィールと経歴と学歴

出典:

本名:堀越 麻央(ほりこし まお)※旧姓:小林
出身地:新潟県小千谷市
生年月日:1982年7月21日
没年月日:2017年6月22日
血液型:A型
身長:164㎝
体重:??kg
スリーサイズ:B W H
カップ:
出身高校:國學院高等学校
出身大学(最終学歴):上智大学 文学部心理学科
趣味:ブログ、相撲鑑賞
特技:ブログ、バスケットボール
配偶者:堀越寶世(十一代目市川海老蔵)
兄弟姉妹:小林麻耶(姉)
家族構成:麗禾(長女)、勸玄(長男)
事務所:セント・フォース

2009年11月19日の日刊スポーツで
十一代目 市川海老蔵さんとの交際が
報じられて同日中に連名で
婚約することをファックスで発表。

2010年1月29日に正式に婚約発表の
記者会見を執り行い同年3月3日に
婚姻届を提出。

同年7月29日に結婚式並びに披露宴を
執り行いました。

2014年2月、市川海老蔵さんと共に
人間ドックで健康診断を受けて超音波の
検査で乳房の腫瘤から精密検査を受け
半年後の再検査を提案される。

2016年11月23日、世界の人々に感動や
影響を与えた「今年の100人の女性」に
選ばれました。

2014年10月に左の乳房のしこりに気づき
再検査したところ病菌で脇にもしこりが
あることが判明。

生検を経て、告知日の時点で転移は脇の
リンパ節のみだっただそうです。

2016年6月9日、急遽記者会見で

「進行性のがん、単刀直入に
言うと乳がんです。1年8カ月ほど
前に分かりました」

と、発表して抗がん剤治療をしている
事も公表している。

2016年8月、市川海老蔵さんが38日間の
長期休暇をとって家族4人で伊豆の
温泉旅館を訪れたそうです。

2016年9月1日に「なりたい自分になる」と
いうタイトルでアメーバブログ
小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」を開設。

2016年10月3日、がんが進行度合いが
ステージ4で放射線治療や骨転移による
痛みに耐えていることを公表。

2017年2月18日、EXシアター六本木で開催された
舞台「六本木歌舞伎 第二弾 座頭市」を観劇し
周囲にも笑顔を見せて元気な様子ですた。

2017年3月3日、ブログにて痛みで眠りにつけず
レスキュー(鎮痛薬を追加投与)を使用した事や

放射線治療で痛みが緩和したあとだけに
違う場所が痛み出すと、
不安が倍増。
経験の分だけ対処もできるけれど
経験の分だけ怖さがわかるのも不安。

http://ameblo.jp/maokobayashi0721/「深呼吸」から引用

2017年5月21日にブログでは病状の深刻
さをうかがわせている。

今朝は、着替えるときに、
裸で鏡の前に立ってみると、

私が恐れていた姿に近い身体が
写っていて、一瞬 衝撃を受けたあと、
泣いてしまいました。

http://ameblo.jp/maokobayashi0721/「痩せる」から引用

2017年5月26日にはアメンバー専用の
ブログで顎にかんが転移している事を
明かしていました。

2017年5月29日に退院して1ヶ月ぶりに
帰宅したことをブログで報告。

市川海老蔵さんもブログで「今日実はまお」と
エントリを投稿をして自宅にいる妻と
ご機嫌な子供の姿に喜びをかみしめる
様子を伝えたいました。

2017年6月4日にブログにて不安が
募っていることを明かしている。

今日は、
39.4度の熱から始まり、
一日中、痛みとおさまりどころのない
苦しさでした。
今は、少し落ちついています。

家族は皆、「大丈夫だよ」と
笑顔でいてくれますが、

これからどうなっていくのか
不安はつのります。

どうなったって生きるしかないので、
本当に、ごめんね、ありがとう、
です。

http://ameblo.jp/maokobayashi0721/「不安」から引用

2017年6月20日のブログを最後に
更新が止まり、22日夜に自宅で家族に
見守られて亡くなりました。

(2017年6月22日)