2017年4月18日、TBS系『マツコの知らない世界』では「ドリカムの世界」をテーマにCDの総売上枚数は5,500万枚を超え、デビュー当時の女性1人と男性2人の編成をドリカム編成と形容されるほどの影響力を持つDREAMS COME TRUEのベース担当で吉田美和ビジネスに人生をかけた中村正人さんが出演です。

 中村正人

出典:http://lineblog.me/nakamuramasato/

とんねるずのコンサートツアーでサポート・メンバーをしていたベース担当の中村正人さんがバック・コーラスに招聘したことがきっかけから吉田美和さんとDREAMS COME TRUEを結成し、「500万枚CDを売ることと、グラミー賞を獲ること」を一生の夢にしている中村正人さんなど当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

マツコ・デラックスはアンチドリカム?

2017年3月1日に放送された『マツコ&有吉の怒り新党』にある投稿者の意見に共感出来るか出来ないかをマニフェストとして採用か不採用を決める企画があります。

その中で28歳の女性会社員が投稿した「デートの別れ際振り返らない彼氏」について紹介されました。

デートの別れ際での彼の態度に腹が立ちます。「じゃあね!」と言って別れた後、私は しばらく彼の姿を見送るのですが、彼は振り向くことなくスタスタ行ってしまい なんだか寂しい気持ちになります。せめて1度くらいは振り向き手を振ってくれてもいいじゃないでしょうか。

有吉弘行さんは「付き合ってる時期によるかも」と答えてから上司や部下のタクシーいつまでもお見送りされる時の気まずさなどを語った後に有吉弘行さんが「未来予想図Ⅱ」の歌詞にあるブレーキランプについてマツコ・デラックスさんに話を振ると

「猛吹雪の北海道だから・・・の行為よね さよならって言っても聞こえないんだから その代わりに(ブレーキを)押しているの あれは」

と、「未来予想図Ⅱ」の歌詞について発言をしたことがドリカム嫌い(苦手)と思われたようです。

偶然、中村正人さんが回の番組を見ていたことがきっかけでドリカムアレルギーを持つ人たちに「本当のドリカム」を知ってもらいたいと出演したそうです。

 

ドリカムアレルギーをなんとかしたい

 

吉田美和は決してポジティブな女性ではなく・・・ダークな人?

 

ドリカムは常に解散危機