アニメ ドラゴンボール 改

ドラゴンボール改 出典:http://www.fujitv.co.jp/

ドラゴンボールGTが終了した1997年11月以来、11年4か月ぶり。2009年4月5日から2011年3月27日までサイヤ人編 – セル編(第1期)を放送しました。 セル編の放送終了後、同番組枠では『トリコ』が約3年間放送。

その放送終了後、2014年4月6日より魔人ブウ編(第2期)が放映開始。 タイトルの「改」は鳥山明さん本人が命名したものだそうです。

また自らが監修に携わり、音楽は新規のものに差し替えられ、音声も全て再録され、本作は完結済みのため、原作の構成に近い無駄のないスピーディーな展開でドラゴンボールZをデジタルリマスター再編集版したものになります。

スポンサードリンク

アニメ ドラゴンボール 超(スーパー)

ドラゴンボール超1

出典:http://www.toei-anim.co.jp/

鳥山明さんの原案によるストーリーを新たにアニメで描き、これまで原作でも描かれていないアニメ完全新作。内容は、悟空が魔人ブウとの壮絶な戦いを終え、平和を取り戻した地球のその後の舞台設定だそうです。

2015年7月よりフジテレビほかにて日曜朝9時~9時半に放送予定。
※地域により放送開始日、放送時間・曜日が異なる。

 

 鳥山明ストーリー原案の「ドラゴンボール」新アニメをVジャンプでコミカライズ!連載(マンガ化)

2015年6月20日発売のVジャンプ8月号(集英社)よりスタートすることが、Twitterの「ドラゴンボール超」公式で発表されていました。5月19日から公式アカウントが出来ているようです。原案を鳥山明さんが当然ですが担当し、執筆は映画「ドラゴンボールZ 復活の『F』」のコミカライズも手がけているとよたろうさんです。

とようたろうさんが描いている孫悟空がありましたのでご覧下さい。

とよたろうによる悟空のカット

出典:https://twitter.com/

吉井和哉&グドモ、『ドラゴンボール超』テーマ曲

コチラの情報もTwitterの「ドラゴンボール超」公式で発表されていた内容です。オープニング曲「超絶☆ダイナミック!」を担当するのは吉井和哉さんです。イエモン(THE YELLOW MONKEY)の時にはるろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-のエンディング曲を担当していました。

ソロになってからはテレビアニメのテーマソングを担当するのは初めてですね。作曲は吉井和哉さん、作詞は『改(魔人ブウ編)』のオープニング曲「空・前・絶・後 Kuu-Zen-Zetsu-Go」に続き、森雪之丞さんです。

「子供達が学校の帰り道につい口ずさんでしまうメロディー。そして、その歌を呟けば、思わず強くなれるような、力が湧いてくるような曲を作りたいと思いました。僕が孫悟空に持つイメージでもある、優しくて大きな強さの中にあるセクシーさも表現したかった」と吉井和哉さんは語っていました。

エンディング曲「ハローハローハロー」を歌うのがグッドモーニングアメリカ(以下GMA)というバンドです。実は『改(魔人ブウ編)』のエンディング曲「拝啓、ツラツストラ」で楽曲提供をしています。引き続き「ドラゴンボール超」のエンディング曲を提供することで、金廣真悟さん(ボーカル)は「ドラゴンボールの歴史とともに刻まれるような、とっておきの「超」新曲を持って来たので、楽しみにしていてください」を意気込んでいました。

ネット上では、影山ヒロノブさんがやって欲しいという声が多く見受けられますが、期待してみましょう。Twitterの公式アカウントにエンディングの絵コンテが公開されていましたので少しでもドラゴンボールの世界が味わえたらと思います。

エンディングの絵コンテ

出典:https://twitter.com/

 

 

ドラゴンボール超(スーパー)メインビジュアル公開、新キャラも登場

ドラゴンボール超(スーパー)ss

出典:http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/

公式サイト上に掲載されたメインビジュアルには、お馴染みの孫悟空、ベジータ、ピッコロ、クリリンの後ろに、2013年に劇場公開されたドラゴンボールZ 神と神に登場した破壊神ビルスとウイスもの両サイドには、新キャラクターが描かれているようです。

公式サイトでは、第1話の予告がすでに公開されていましたので観て下さい。オープニング曲「超絶☆ダイナミック!」を担当するのは吉井和哉さんも聴けますよ。

 

鳥山明 プロフィール

本名:鳥山 明
性別:男性
生年月日:1955年4月5日
出生地:愛知県清須市(旧:西春日井郡清洲町)
受賞:小学館漫画賞、メディア芸術祭賞 (デジタルアートインタラクティブ部門)
趣味:映画鑑賞、プラモデル製作
使用機材:ゼブラ製Gペン、LUMA製インク、Macintosh、Photoshop、WACOM製タブレット

略歴
1974年 愛知県立起工業高等学校デザイン科卒業、デザイン会社入社
1977年 デザイン会社退社
1978年 「ワンダーアイランド」でプロデビュー(週刊少年ジャンプ52号)
1980年 「Dr.スランプ」連載開始(週刊少年ジャンプ5・6号)
1982年 「Dr.スランプ」で第27回小学館漫画賞受賞
1982年 漫画家みかみなちと結婚
1984年 「Dr.スランプ」連載終了(週刊少年ジャンプ39号)
1984年 「DRAGON BALL」連載開始(週刊少年ジャンプ51号)
1986年 「ドラゴンクエスト」発売(キャラクターデザイン)
1987年 長男誕生
1990年 長女誕生
1995年 「DRAGON BALL」連載終了(週刊少年ジャンプ25号)
2000年 「ドラゴンクエストVII~エデンの戦士たち~」で第4回文化庁メディア芸術祭(デジタルアートインタラクティブ部門)受賞
引用元:http://bird.lemon-s.com/

 

これからの、鳥山明さんが創り出すドラゴンボールの世界が楽しみですね。
続報に期待しましょう!