アニメ ドラゴンボール

「つかもうぜ!DRAGON BALL せかいでいっとー スリルなひみつ」と摩訶不思議アドベンチャーがオープニングテーマ。初期はドラゴンボールを集める冒険活劇だったが、徐々に挌闘路線へとシフトしていきます。 原作では、連載開始から第23回天下一武道会までの部分をアニメ化している。

レッドリボン軍との戦いの中で、アラレちゃんが登場していたの知っていましたか? 55話 「んちゃ!追ってペンギン村」 56話 「うほほーい!アラレ雲にのる」 57話 「対決!アラレ vs. ブルー」 ドラゴンボール アラレちゃん 出典:https://www.youtube.com/

あと、孫悟空はチチ(牛魔王の娘)と137話の「孫悟空の結婚」で、結婚てはなく婚約します。正式に結婚式をあげたのは、第153話「燃えるフライパン山! 一瞬の決死行」です。ちなみに、その回が最終回でした。

1986年2月26日から1989年4月19日までフジテレビ系で放送されていました。 あと懐かしい思ってもらえるCM『S&Bの5/8チップ』をどうぞ。

 

アニメ ドラゴンボールZ

1989年4月26日から1996年1月31日まで、アニメ『ドラゴンボール』の続編としてフジテレビ系で放送されていました。全291話+スペシャル2話。原作の其之百九十五のサイヤ人編から最終話までをアニメ化したものです。 水曜7時と言えば、ドラゴンボールZという認識が強かったのではないでしょうか。

フジテレビは子供達の楽しみも考え、水曜日のプロ野球中継を減らしていたそうです。ドラゴンボールのアニメ作品では最も長い約6年10ヶ月でした。 その時に流れていたCMといえば、はごろもフーズ、ロート子どもソフト、だったのではないでしょうか。

当時、原作が週刊連載中であったため、追いつかないようにと引き伸ばしのために追加されたアニメオリジナルストーリーを大幅にありました。アニメスタッフの手によりアニメ独自のシーン、オリジナルエピソードが追加されています。その内の

「サイヤ人とツフル人の歴史」
「2人に分身して特訓するピッコロ」
「天津飯や餃子を追いかけたいがカリン塔に登れずウパ達に八つ当たりするランチ」
「野球選手のアルバイトをするヤムチャ」
「栽培マンの裏設定」
「蛇の道で雲を千切って食べる悟空」
「蛇の道の下にある地獄の様子」
「蛇の道の途中にある宮殿にいる蛇」 など

に関するオリジナルエピソードや設定は、鳥山明さんが書いた裏設定のアイデアメモを元にしたものだそうです。 初代オープニングテーマは、「CHA-LA HEAD-CHA-LA」。これも、カラオケなどでも盛り上がるし、選曲する人も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

アニメ ドラゴンボールGT

ドラゴンボールGT出典:http://prcm.jp/

1996年2月7日から1997年11月19日までフジテレビ系で放送された。全64話+番外編1話。ドラゴンボールZの最終話から5年後の世界が舞台となる続編として制作されたオリジナルストーリーです。

スタッフ、テレビ局、スポンサーらによって、水曜夜7時のゴールデンタイム枠で、悟空の孫娘パンやトランクスたち、次世代の子供たちが活躍する「魔人ブウとの最終決戦終結から最終話までの10年間」を描くオリジナルストーリーで新作を作りたいと、鳥山明さんや週刊少年ジャンプ編集部に伝えたそうです。

打ち合わせの中で出た意見を踏まえ、「原作の最終話のその後」を描くという方向性が決定したことで制作が開始されました。 原作をベースに今までアニメ化したものとは別のモノとして、「原作のその後」をアニメだけのオリジナルストーリーで描く、孫悟空の新たな冒険ストーリー原作者の鳥山明は、 「原作の壮大なサイドストーリーであるドラゴンボールGTを僕と一緒に楽しく観ていただければ幸いです」 とコメントしています。

このアニメの物語自体には関わってはいないそうです。ただ、企画の立ち上げには依頼に答える形で、いくつか協力しているようで、そのうちの何点か紹介したいと思います。

・『GT』を提案したのは「Grand Touring(グランド・ツーリング)」(壮大なる旅)という意味を込めて命名した
・放送開始の約2ヶ月前の1995年12月にタイトルロゴのデザインを完成
・本作の主要キャラクター、イメージボードを3点etc…

「その頃、連載はもう終わっていたので、僕の頭は次の仕事に向いていました。だから…正直に言うと、そこでまた『DB』のデザインというのは、ちょっとだけ抵抗がありました(笑)。

続けていただけるのは、本当にありがたいと思いましたが」 「連載終了直後でしたので、『GT』の設定をそれほど乗り気で描いた記憶はありません。頼まれた設定画は頑張って描きましたが」と語ったようです。

 

さて、ドラゴンボール超(スーパー)とは?続きは次のページへ