2018年2月5日、日本テレビ系列『世界まる見え!テレビ特捜部』では「危険な暴走&笑える早ワザ!スピードSP」をテーマに3歳にしてハーフマラソンを2時間4分という超スピードで走りきるインドの少年・ブディアシンさんが特集されます。

 

早く父親を亡くしてしまった母親が貧困の為に育てられず2歳の時に行商人に800ルピー(約1900円)で売り渡されたことから世界最年少のマラソン少年・ブディアシンさんとなったとコーチのビランチ・ダスさんとの5年間に密着したドキュメンタリーについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

2016年8月5日に「Budhia Singh – Born to Run」という映画が公開され、インドの第63回全国賞と2016年に最優秀児童映画賞を受賞しています。

世界最年少のマラソン少年・ブディアシンさんとコーチのビランチ・ダスさんの大波乱なドキュメンタリーについてまとめていきたいと思います。

 

世界最年少のマラソン少年・ブディアシンとコーチのビランチ・ダスとの出会い

母親のスカンティさんは、息子のブディアシンさんを含めて子供が4人いましたが、ブディアシンさんが1歳になる頃に父親を亡くしてしまい、かなりの貧困でブディアシンさんを餓死させてしまう恐れがあった為、行商人に800ルピー(約1900円)で売り渡すことを決断したそうです。

しかし、行商人に売られたブディアシンさん

 

 

 

 

 

 

 

 

WIKIPEDIAより詳しい?ブディアシンのプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

名前  ブディア・アウォガ・シン
英語表記  Budhia Awooga Singh
生年月日  2002年
出身地  インド・オリッサ州
血液型  
身長  
体重  
出身高校  
出身大学  
職業  
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 
ブログ  
Instagram
インスタグラム