2016年9月30日、TBS系列『爆報! THE フライデー』では愛弟子A(朝倉美沙さん)が病魔(がん)を師匠・島田洋七さんに号泣告白し、最後に2人が約束を交わすようです。

 

「ハッピーキャンペーン事件」の詐欺容疑で逮捕されたが、不起訴で釈放された経験を持つ朝倉美沙さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?朝倉美沙のプロフィール

%e6%9c%9d%e5%80%89%e7%be%8e%e6%b2%99

出典:朝倉美沙オフィシャルブログ:みさのへや

芸名:朝倉 美沙(あさくら みさ)
本名:新納 美佐子(にいろ みさこ)
生年月日:1976年8月12日
出身地:埼玉県熊谷市
本籍:鹿児島県姶良市
血液型:A型

資格:看護師・フードアナリスト4級

ブログ:朝倉美沙オフィシャルブログ:みさのへや
旧ブログ:朝倉美沙公式ブログ『みさのへや』(2006年1月- 2010年12月31日)

父親が航空自衛官で転勤が多かったため、埼玉県熊谷市で生まれましたが、すぐ沖縄県糸満市に引っ越したそうです。5歳から14歳まで宮崎県串間市、15歳から福岡県大野城市で過ごし、高校3年の時に祖母の自宅介護を経験したことをきっかけに高校卒業後、介護の仕事をしながら(准看2年、正看3年)看護学校に通いながら国家試験に合格して福岡の病院で勤務していました。

病院で勤務をしながら子供の頃から夢だった歌手の道を諦められず迷いと祖母が亡くなり落ち込んでいる時に島田洋七さんの小説『佐賀のがばいばあちゃん』に出会いました。
※書店で本を見つけ「ばあちゃん」のタイトルに惹かれて購入したそうです

明るく逞しい「がばいばあちゃん」の姿と「たとえ叶わなくても人は死ぬまで夢を持て」という言葉にも影響を受けて、夢でもある歌手になる事を決意し、救急病院や老人病院など約9年半 勤務していた病院を2004年8から休職して翌月(9月)から28歳でセミプロ歌手として一人旅で活動開始しました。

2005年5月18日、旅先の広島市内の飲み屋で歌っていた時に島田洋七さんに偶然出会い、歌声が目に止まり島田洋七さんプロデュースで同年12月7日に完成した「ばあちゃん」の初回盤シングルCD 3,000枚を一人旅で手売りで約4ヶ月で完売しました。
※「ばあちゃん」を作曲したRYOEIさんが歌うことが決定していたが、同じ歌の女性バージョンとして選ばれたそうです

2006年6月3日より全国公開された吉行和子さん主演映画『佐賀のがばいばあちゃん』のイメージソング「ばあちゃん」を2006年4月26日に発売して歌手デビューを果たしました。

 

島田洋七さん自身が監督を務め、映画監督デビュー作品で2009年4月25日に全国公開された『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』の主題歌を担当しました。

健康食品の通信販売業会社 株式会社エバーライフの「(皇潤」のCMを2009年から2010年6月末まで出演していた島田洋七(皇潤親善大使)さんのCMソングにも使用され、2009年8月29日タイ・バンコクで開催された「ジャパン フェスタ イン バンコク2009」にゲスト出演しました。

2010年5月3日から27日にかけて福岡市立の演劇専用劇場「博多座」で「島田洋七のお笑い佐賀のがばいばあちゃん」40公演に出演。
※朝倉美沙さんは「歌手」、「中華料理屋のお客」、「列車の乗客」の3役をこなしています

2012年8月10日、詐欺容疑で逮捕され、同年9月19日に不起訴で釈放されました。(詳細は次のページへ)

 

「ハッピーキャンペーン事件」で逮捕や乳がんからの肺転移 そして末期がんで現在の状態は?