2015年6月4日にミスチルが約2年7か月にリリースするニューアルバム「REFLECTION」の収録曲「Starting Over」と7月11日全国公開される細田守監督新作アニメ『バケモノの子』が卑怯とも言える組み合わせが発表されました。

また『バケモノの子』の声優キャストは役所広司(熊徹)、宮崎あおい(九太・少年期)、染谷将太(九太・青年期)、広瀬すず(楓)、津川雅彦(宗師)、リリー・フランキー(百秋坊)、大泉洋(多々良)、黒木華(一郎彦の少年期)、麻生久美子(九太の母)ら豪華俳優陣が声優として参加します。

 

この映画の製作陣は主題歌をMr.Childrenに依頼。打ち合わせを重ねる中で細田監督が「Starting Over」を聴き、歌詞、楽曲ともに映画の世界観を表現していると絶賛し、主題歌に採用することが決定したそうです。

熱い支持を得ているもの同士の意外?とも言える豪華タッグに目が離せないですね。お互いがどんなバンドで監督なのか当たり障りなく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

細田守監督のプロフィール

細田守監督

出典:http://news.nicovideo.jp/

生年月日:1967年9月19日
出身地:富山県中新川郡上市町
職業:アニメーション監督 演出家

中学の時に劇場版『銀河鉄道999』や『ルパン三世 カリオストロの城』に衝撃を受け、劇場パンフレットに載っていた絵コンテを見てアニメーションの世界に強く惹かれ、当時のテレビ番組『YOU』の自主制作アニメ特集を見て、自分と同じ学生がアニメを作っていることを知ります。

中学3年の時にコピー用紙1000枚ほど用意して、飛行機の戦闘シーンのアニメーションを製作(約1分)し、学内上映をしています。大学卒業後、スタジオジブリの研修生採用試験を受け、最終選考に残るも不採用になるが、1991年にアニメーターとして入社。

それから演出家として様々なアニメを担当した後に監督にも抜擢され、2000年には『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』を監督して、そのクオリティの高さから業界の内外より注目を集めました。

2000年8月、東映動画よりスタジオジブリに出向して『ハウルの動く城』の監督として作業に取り組み、絵コンテも一部完成していましたが、2002年4月に企画は中断し、ジブリを離れます。

2005年、東映での最後の作品となる劇場版『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』を監督をしてから退社してフリーになりました。

2006年7月、角川ヘラルド映画の劇場アニメ『時をかける少女』を監督をして、ロングランヒットとなり興行収入2.6億円を記録。国内外で高く評価されました。2009年8月、『サマーウォーズ』を公開し、またも高い評価と興業収入16.5億円のヒットを記録。

2011年4月、自身のアニメーション映画制作会社スタジオ地図を設立。2012年7月に公開された『おおかみこどもの雨と雪』は、自ら執筆した同作品の原作小説で、小説家としてデビューを果たしました。この映画は観客動員約340万人、興行収入42億円を挙げ、2012年の年間興行収入ランキング第6位を記録しました。

 

細田守監督受賞アニメ映画について

2006年7月15日公開 『時をかける少女』

アニメ「時をかける少女」

出典:http://mery.jp/

筒井康隆さんの小説『時をかける少女』が原作ですが、原作の物語をそのまま映画化したのではなく、原作の出来事から約20年後を舞台に次世代の登場人物が繰り広げる物語を描く続編という設定で、キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」でした。

2009年8月1日公開 『サマーウォーズ』

サマーウォーズ

出典:http://eiga.com/

細田守監督の初の長編オリジナル作品。

世界一安全と言われるセキュリティによって守られていた世界中の人々が集うインターネット上の仮想世界OZ(オズ)が、謎の人工知能ラブマシーンに乗っ取られてしまいます。

その影響はOZと密接に関係している現実世界におよび、大きな混乱を引き起こし・・・という話で進んでいきます。キャッチコピーは、「これは新しい戦争だ。」、「つながりこそが、ボクらの武器。」でした。

 

2012年7月21日公開 『おおかみこどもの雨と雪』

おおかみこどもの雨と雪

出典:http://www.vap.co.jp/

細田守監督による長編オリジナル作品第2作目。本作で初めて自ら脚本も手がけています。テーマは「親子」で、19歳の少女が「おおかみおとこ」と出会い、その間に生まれた「おおかみこども」の姉弟が成長し自立するまでの13年間を描かれています。

 

2015年7月11日(土)ROADSHOW 『バケモノの子』

細田守最新作『バケモノの子』

出典:http://host.dan-work.com/

人間界とバケモノ界が存在するパラレルワールドを舞台に孤独な少年とバケモノの交流を描くアニメーション。人間界「渋谷」で一人ぼっちの少年と、バケモノ界「渋天街」で孤独なバケモノの、本来出会うはずのない彼らが繰り広げる修行と冒険を映す。不幸な少年が身勝手なバケモノとの出会いにより成長し、絆を深めていく感動的な物語に期待。
シネマトゥデイから引用

※2005年 『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』は敢えて省略させていただきます。

 

ミスチルのニューアルバム『REFLECTION』とは?続きは次のページへ