2017年3月6日、テレビ東京系列『主治医が見つかる診療所』では大好評企画「10歳若返るぞ!プロジェクト」の第4弾では肌の老化と薄毛予防をテーマに血管をケアして若返る方法などを金沢医科大学集学的医療部准教授の赤澤純代さんが出演です。

第2子を出産した直後で色々な事情が重なりつらい時期から自身で研究・実践・提案を繰り返して瘀血(おけつ)のメカニズムから血流美人の提唱している赤澤純代さんと血管の状態チェック方法や顔のシミ・シワを予防と改善する血管のケア方法、体のむくみ改善食材とレシピついて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

Wikiより詳しい?赤澤純代のプロフィールと経歴

出典:

名前:赤澤 純代 (あかざわ すみよ)
生年月日:196?年??月??日
出身地:石川県
血液型:―型
出身高校:
最終学歴:金沢医科大学
専門分野:循環器内科学、内科学一般(含心身医学)女性疾患、性差医療、漢方治療、高血圧、糖尿病、脂質異常症など
学位:博士(医学)

所属学会・認定・資格

  • 抗加齢医学会専門医
  • 内科学会認定医
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本循環器学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本内科学会
  • 日本性差医療学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本老年病学会
  • 日本再生医療学会

経歴

1992年3月 金沢医科大学卒業
1994年4月 東京大学 第三内科(循環器内科)研究生
1999年2月 東京大学 先端技術研究所ゲノムサイエンス
2001年4月 金沢医科大学 循環器内科助手
2002年    金沢医科大学 総合診療科 女性外来
2006年    金沢医科大学 21世紀集学的医療センター 生活習慣病センター 女性外来
2009年    金沢医科大学 21世紀集学的医療センター 女性総合医療センター
2012年4月 金沢医科大学 集学的医療部 総合診療センター 女性総合外来
2013年4月 金沢医科大学 集学的医療部 准教授

主な著書(編集・共著含む)

2010年       「血流美人」
2012年       「クロワッサン・血管・血流特集(2012年10月25日号)」
2012年       「ミセス 血色美容2012年1月号」
2012年       「家庭画報 2011年10月号」
2014年12月  「美容酵素Tie2マジック―からだの芯からキレイになる!」(編著:Tie2・リンパ・血管研究会編著 コスモの本)
2014年12月  「日経ヘルス(2015年1月号)」
2015年1月    「クロワッサン(2015年2月10日号)」
2015年6月    「血管の強化書 破れない!詰まらない!澄み切った血液は万病を治す」

受賞

1997年       アメリカ心不全学会 YIA
1997年4月 日本循環器学会 CPIS賞

金沢医科大学病院で内科研修を受けた後、所属していた循環器内科の竹越教授から東京の誘いがあり、生まれも育ちも石川県で県外へは出たことがい赤澤純代さんは、東京への憧れから即断しました。

研究では世界のトップだった東京大学第3内科の分子生物学の研究をしている最中に結婚と妊娠により、仕事一筋だった赤澤純代さんは人生設計を議論しないまま第1子出産し、、所属している医局の教授が変わった後も研究を続けていましたが第2子を妊娠。

第2子の妊娠をきっかけに夫を東京大学に残して石川県に移住し、母校の金沢医科大学で勤務するようになりました。

鹿児島の大学で最初に女性外来が設立されてから一時期にちょっとしたブームになり、心臓病学会で女性は閉経後に心筋梗塞になると悪化しやすいという「性差」の話が広まっていたようで上司からすすめられて2002年3月13日より金沢医科大学で石川県初の女性外来を開設。

現在、子どもが3人います。