永久保存版!明石家さんまさん(秘)伝説第2弾!!「ひょうきん族」から、あのヒットドラマ、そして結婚まで…週刊誌の見出しで紐解くスター・明石家さんま(以下さんまさん)の絶頂の1980年代伝説!!が関西ローカル番組「なるみ・岡村の過ぎるTV」に2015年6月28日も出演されました。

明石家さんま1980年代秘伝説

「明石家さんまさんが絶対に言わない愛した女性3人」は前半戦ではちゃんと話は聞くことは出来ないまま終わってしまいましたが、今回はどうだったのでしょうか。番組に沿いながら

「さんまが週刊誌で噂になった女性芸能人リストを公開!」
「タモリ&たけし&さんまBIG3(秘)エピソード」
「スター芸人と大物女優の結婚生活!そして父に…」

などを含め、当たり障りなく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

明石家さんま1980年代秘伝説1

前回は1985年(30歳)まで話が進んでいます。気になる方は、【前半戦】明石家さんまがなるみ・岡村の過ぎるTVに再出演!絶対に言わない愛した女性3人は?をご覧下さい。

1986年(31歳) バイキンガーZ 「男女7人夏物語」大ヒット!【前編】

明石家さんま1980年代秘伝説2

男女7人夏物語とは、1986年7月25日から9月26日まで毎週金曜日21:00-21:54にTBS系で放送され、トレンディドラマの元祖もと言われている作品です。さんまさんと大竹しのぶさんを引き合わせ、結婚、IMALUさん誕生、離婚に至ったドラマとしてとても有名です。

当時は、さんまさんは芝居をする気はなく、大竹しのぶさんに引っ張られたのは事実だと明かしていました。

「男女7人」女優・大竹しのぶと出会う

一緒に食堂で大竹しのぶさんが「私、本当に食べれません」と言うシーンで「・・・食べられましぇん」と言ったそうで、さんまさんは「この女優きたないな、俺のギャグをドラマに入れてくるか」と思ったそうです。

その時は、そのまま流しながらも「あの女優、計算すごいな」と思い、結婚した時に大竹しのぶさんは「あれ、あなたのなの?」と言われたそうです。大竹しのぶさんはバラエティーは観ない人なんだそうです。

バラエティを観ないの使った理由は、周りが使っていたのを聞いて流行っている言葉なんだな思って使っただけだそうで、さんまさんとディレクターは「スゴイね!仕掛けてきたね」と思っていたそうですが、勘違いだったことが結婚してから分かったそうです。

当時、さんまさんはバラエティ、ドラマ、劇場とハードスケジュールで寝る暇もなかったそうですが、実は「男女7人」は何回も撮影を休んでいたと明かしていました。

超過密スケジュールで身体が悲鳴!?

「男女7人」を休むときは、大竹しのぶさんに直接電話して「休みますわぁ、だからあんたも今日は現場に行かんくてもよろしいで!」と言っていたそうです。そうでもしないと身体がもたなかったそうです。

当時のマネージャー(吉田さん)は、さんまさんが休む度に嘘の理由を考えていたそうです。いくら何でも休む回数が多すぎたせいで「ぎっくり腰で休みます」と言っている最中に以前に使っていたことを思い出して笑ってしまい、バレてしまったこともあったようです。

休んだ日の失敗談として、お姉さん役に加賀まりこさんが出演することを知らず、2時間遅刻して撮影現場に向かうと、ベンツが止まっていたそうです。後部座席の窓が降りて「朝は誰でも眠いのよ」とひと言だけ言われた途端に気を失いそうになったそうです。(笑)

それにしても、無理やりでも仕事に連れて行かせるマネージャーも嘘をついてまで休みを取らせようと思っていたようで、当時のさんまさんのスケジュール状況、人気は凄まじかったことがうかがえますね。

 

さんまさんは吉本興業をやめようとしていた?続きは次へ