永久保存版!明石家さんまさん(秘)伝説第2弾!!「ひょうきん族」から、あのヒットドラマ、そして結婚まで…週刊誌の見出しで紐解くスター・明石家さんま(以下さんまさん)の絶頂の1980年代伝説!!が関西ローカル番組「なるみ・岡村の過ぎるTV」に2015年6月21日に出演されました。

明石家さんま
 

また、来週の6月28日も出演されるようで、じっくり追跡していきたいと思います。今までの記事にビートたけしさんが出演していた時の内容も公開させて頂いていますので、もしよければ読んでいただけると幸いです。

しゃべくりvs北野武?なるみ・岡村の過ぎるTVはビートたけし!

なるみ・岡村の過ぎるTVビートたけしに聞きた過ぎる100の質問の残りは?

関西ローカル番組「なるみ・岡村の過ぎるTV」に2015年6月21日放送分の

「伝説の番組『オレたちひょうきん族』今だから話せるウラ話!」
「ビートたけしさん&さんまさんのギャラ事情&桑田佳祐さんが書き下ろした“アミダばばあの唄”ウラ話&あの有名ギャグ誕生秘話」
「銀座ホステスとのスキャンダルでサラリーマンが放った痛恨の一言&世界記録!?3週連続ハニートラップの真相」
「明石家さんまさんが絶対に言わない愛した女性3人」

など、当たり障りなく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

飲み会を断った岡村隆史さんに明石家さんまさんがダメだし

明石家さんまさんが登場してから、いきなりですが岡村隆史さん(以下岡村さん)に対して、今田耕司さんと岡村隆史さんの愛を探す飲み会をセッティングしたのに「今、体のトレーニングをしているので行けません」という理由で参加しなかったそうです。

さんまさん曰く、「なるみ・岡村の過ぎるTV」の出演を引き受けたのに、さんまさんの飲み会には参加しないとはどういうわけだとダメ出しから始まりました。岡村さんは、明日もロケがあったのですみませんと謝罪するのですが、さんまさんも「俺だって仕事があるわ!俺を暇みたいに言うなや!」とツッコまれてタジタジでした。(笑)

それでは、日本一 週刊誌に狙われすぎる男、明石家さんまさんのスター伝説を紐解いていくことにしましょう。進行役には、新喜劇を3回した後にさんまさんに会う事を考えたせいで演技がボロボロだったと愚痴っていた吉本新喜劇座長のすっちーさんが務めました。週刊誌の見出しに沿いながら話は始まります。

 

さんまさんは週刊誌に狙われすぎる!?

ちなみに1981年から1989年の9年間で週刊誌に載った回数は445回だそうです。さんまさんが27歳になるぐらいに写真誌が登場して、週刊誌が負けないようにと競争し始めた頃だそうです。去年の週刊誌「フライデー」が特集を組んでくれたとさんまさんは言うのですが、「ちゃうちゃう、組んでくれたんじゃなくて勝手に組みやがって」と一人ツッコミしていました。(笑)

そのためにスクープを探そうと必死で、当時、スキャンダラスな芸能人は郷ひろみさん、松田聖子さん、明石家さんまさんという状況だったそうです。郷ひろみさんは、明石家さんまさんが30歳ぐらいの時に結婚してしまい、独身だったのが松田聖子さんと明石家さんまさんということで、その1~2年間は特にターゲットにされたそうです。

当時は、「聖子、さんま、聖子、さんま、聖子、聖子、さんまってカスタネットか!」というぐらいにスクープされていたと明かしていましたが、それでもほとんど撮られていないそうです。今まで50数回、女性とのスクープされている中で、半分以上はダマされて嵌められたと明かしていました。

 

ダマされ過ぎる!ハニートラップの真相

「人生70年としたらハニートラップは1回か0回あるかないかだと思う」とさんまさんは言うのですが、本人は3週連続ハニートラップに引っかかった事あり、こんな事はおかしすぎると明かしていました。(笑)

3週連続のうちの2人は一般人だったそうです。少し話が脱線していまいますが、そのうちの1人は、2014年5月30日発売号の『FRIDAY (フライデー)』で売名行為と言われたブラジリアンビキニ販売会社・MAKALA代表の田中優衣さんです。

田中優衣さんと知り合ったのは2013年11月のとある飲み会で、さんまさんは、「今度二人きりでデートしようや」と軽く彼女を誘うものの、彼女はその場では連絡先の交換で済ませたそうです。

そして、さんまのメール攻撃についに陥落し、2014年3月に東京千代田区のさんま邸を訪れ、一夜を明かし、それから毎週金曜になるとさんま邸を訪れ、一泊していたそうでお家デートのみの関係で終わっているようです。

田中優衣のプロフィール

田中 優衣

出典:https://www.facebook.com/YUITNK

生年月日:1988年5月28日
身長:161cm
趣味:海外旅行&ビキニで日焼け
言語:日本語、英語、中国語
父親:元関脇・闘竜
職業:株式会社MAKALA(マカラ) 代表取締役、バイヤー、WEBデザイナー

ハニートラップで最近の話になると、時系列では

・2013年10月18日発売号『FRIDAY (フライデー)』でセクシー女優の紗倉まなさん

・2013年11月29日発売号『FRIDAY (フライデー)』で元セクシー女優でタレントの優希まことさん

・2014年3月17日ネット生放送で無名女性タレント(片桐えりりかさん)の暴露

・2014年5月30日発売号の『FRIDAY (フライデー)』のブラジリアンビキニ販売会社・MAKALA代表の田中優衣さん

という事になるようです。さんまさんは半年余りの間に、4人もの女性に利用された格好のようです。

それでは話を戻します。

また、恋のから騒ぎの出演者は、出たら脱いで『さんまちゃんごめんなさい』というタイトル使って、「俺に謝らんでえぇねん!」とぼやき、「何人もの知り合いの女性が袋とじになって、それを破るのが楽しみ。お前達にはできない経験、破ってそれを見ても知ってるわ!」とできるのは俺(さんまさん)だけと笑いを誘っていました。

 

絶対に言えない!さんまさんが愛した3人の女性は?続きは次へ